器具で歯並びを矯正

治療中の歯科医

皆さんは矯正歯科治療用のマウスピースがあることをご存じでしょうか。歯科医院などで見かけるものとしては、「インビザライン」や「アソアライナー」などがあります。 ここで、マウスピース矯正の相場についてですが、これは患者の症状によって大きく上下することになるため求めることができません。特に、アソアライナーに関しては部分的な治療に優れている治療法であり、患者の意思によって治療を継続するか否かで大きく費用が変わることが挙げられます。よって、相場を知ったところであまり意味がないということになります。 一応、軽度の症状であれば矯正歯科治療の中で最もポピュラーな「金属ブラケット」よりは治療費が安く済みますし、重度であれば100万円の治療費は軽く超えてしまいます。

矯正歯科治療にかかる費用は矯正装置や治療期間によって大きく変わります。矯正装置は審美性が優れているものほど、治療期間は長ければ長いほど費用が嵩むことになります。矯正歯科治療を受けることになっても、思っていた金額を上回ってしまうことがあるのはこのためです。 歯列矯正期間は歯科治療の中でも長期的とされています。日中でも装置を付ける必要があるため、審美性に優れたものには人気が集まるのです。しかし、口元の審美性を高めるためには必ず費用がかかってしまいます。歯の裏側に装着するリンガルブラケットや材質をセラミックに替えるなどの視認性の改善も、通常の矯正装置と比べると割高になってしまうのです。生活スタイルに合わせ、適切な治療法を選択したいところです。